小児科のバイト求人をお探しの医師へ!

小児科の医師バイト求人情報を探す!

→医師求人サイトランキングを見る!

少子化の影響で、小児科医師が慢性的に不足しています。公立の総合病院や民間のクリニックでは、多くの募集があります。常勤、バイトを問わず、需要が高い傾向にあります。バイトとして仕事を探している医師も好条件で迎え入れられます。勤務条件、待遇ともに優遇されています。

小児科医の場合、女性医師が多いのが特徴です。20代の小児科医では約4割が女性医師ですが、30代になりますと、少なくなります。女性医師が結婚や出産のために、医師の仕事を辞めるからです。再度、仕事をしようとする女性医師が働きやすいように環境を整える医療機関が少なくありません。小児科医は、バイトを見つけやすい傾向にありますが、よりよい条件で働くことを希望しています。

例えば、仕事と子育てが両立できる職場を求めています。勤務時間が少なくても収入が多い方がよいと考えている女性医師が多いです。それで、スポット的にバイトで働きたいと思っている女性医師にも好条件の職場があります。3時間で5万円以上という条件も少なくありません。このように高収入で待遇のよい案件は、数多く存在します。

小児科の女性医師が職場を選択する時のポイントがあります。小児科では、新生児も治療の対象になりますので、医療機関に産婦人科があるかどうか。小児科の入院があるかどうか。小児科救急があるかどうか。外来、夜間、休日の体制がどうなっているのか。などが、挙げられます。小児科医は、これらの条件を飲めるか飲めないか、事前に希望を決めておくのもより良い職場を見つけるコツと申しても過言ではありません。

それから、常勤の小児科医がいるかどうか、ということも選択の基準にしている方もいます。また、小児科医が自分1人だけですと、小児科部長などにされることを恐れる場合もあります。そのため、常勤医が複数存在する医療機関を望む傾向があるようです。

一口に小児科といっても、都市部とそれ以外では働く環境が異なっています。都市部では、小児科専門病院や子供救急センターなどがあります。このようなところでは、小児科医は働きやすいのですが、都市部以外では過酷な労働条件で精神的にも体力的にも負担のかかる医療機関があります。例えば、常勤の小児科医が2人体制で働いていたところ、1人が辞めてしまいました。その結果、残った医師は大きな負担を強いられることになり、退職せざるを得なかったケースがあります。小児科医の世界では、募集は多いのですが、応募側の条件と合わない場合が少なくないというのが、特徴といえます。

人気の医師バイト求人エージェントはコレ!

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



医師バイトドットコム

医師バイトドットコムの詳細説明



MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



バイト求人サイト

医師バイトの基礎情報

診療科別の医師バイト

地域別の医師バイト

このサイトについて