産婦人科のバイト求人をお探しの医師へ!

産婦人科の医師バイト求人情報を探す!

→医師求人サイトランキングを見る!

産婦人科では、バイト募集についていくつかの特徴があります。まず、バイト医師を募集するところがとても多いこと。婦人科単独での求人がほとんどないこと。女性医師の応募が多いこと。などが挙げられます。

バイトを数多く募集する背景として、少子化の問題があります。子供の数が減っているので、出産の数も減少しています。その結果、産婦人科の収入も減少傾向にあります。産婦人科病院が閉院したり、産婦人科医が減ったり、という状況になっています。将来的に収入の見込みがないと考えて、産婦人科医を選択する研修医も減っています。

産婦人科医になることを敬遠する理由は他にも考えられます。過酷な勤務状況があります。出産の日時はあらかじめ決めることができません。いつ産まれるか分りませんので、365日24時間体制でいなければなりません。産婦人科医が慢性的に不足しているので、多くの医師が長時間労働を強いられているのが現状です。当直の時にはほとんど眠れることのできない状態で、そのまま日中の外来勤務を行うこともあります。

また、出産の場合、いろいろなリスクがあります。出産の時に妊婦が死亡したり、後遺症が残ったりした場合、訴訟問題に発展します。このようなリスクを恐れて、若い医師は産婦人科を敬遠する流れがあります。常勤の医師だけでなく、バイトの医師も同様で、人材が集まりにくいのです。

以上の理由で、産婦人科医は慢性的に不足しています。産婦人科では、出産だけでなく、女性特有の病気にも対応しなければなりません。子宮筋腫、不妊症、更年期障害、子宮内膜炎などの症状を扱っています。これらの症状は、専門外来として開設されています。分娩の時に帝王切開が行われますが、この時には、外科的処置が必要になってきます。外科医と同様、状況を鋭く把握して対処しなければなりません。

以上のような実態がありますので、総合病院の産婦人科、産婦人科専門病院やクリニックで多くの募集があります。その上、収入や待遇については、他の診療科よりも時給が高いところが少なくありません。前述したように、産婦人科は女性医師が多いです。そのため、女性医師が働きやすいように環境を整えている医療機関もあります。それでも、募集する傾向が高い傾向にあります。

子供が生まれてくる現場に立ちあう産婦人科医が少ないのは、将来的に社会全体が衰弱してしまいます。医療関係者だけでなく、地域社会でもこの問題について考える必要があります。

産婦人科のバイトをする場合、勤務条件を絞っていくと、自分の条件と一致する医療機関がなかなか見つからないという事態が起こるかもしれません。そこで利用価値のあるのが、医師専門の人材紹介会社やバイトサイトです。ここでは、求人案件の職場環境について教えてくれるので、積極的に利用したいところです。

人気の医師バイト求人エージェントはコレ!

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



医師バイトドットコム

医師バイトドットコムの詳細説明



MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



バイト求人サイト

医師バイトの基礎情報

診療科別の医師バイト

地域別の医師バイト

このサイトについて