バイトをお探しの後期研修医へ!

後期研修医のバイト

→医師求人サイトランキングを見る!

初期研修医のバイトと後期研修医のバイトは大きく異なります。まず、収入に関しては、初期研修では、国公立病院で月給が30万円前後。民間病院では30万円から40万円といわれています。

一方、後期研修では、国公立病院で月給が30万円から40万円。民間病院で50万円前後です。これは、関東圏の場合ですが、全国的にも当てはまるでしょう。初期研修医は医師免許を持っていますが、研修病院のみという制限を受けます。研修病院以外では、保険診療ができません。要するに、研修病院以外の医療機関では、バイトができないということを意味します。ただ、自由診療の医療機関では可能と言われています

後期研修医は、一般の医師と同じなので、全国どこでもバイトができます。さらに、後期研修医は常勤扱いになるところも少なくありません。旧臨床研修制度では、国立大学病院で月給15万円前後。私立大学附属病院ではわずか5万円というところもありました。賞与がありませんので、医療機関の当直や検診のバイトをするしかありません。週1回バイトをすれば、年収は500万円前後ということになりますが、学会費、医局費、本代などがかかるので、貧乏を強いられます。

新臨床研修制度では「月額30万円以上」という基準が設けられていますが、規則ではありませんので、国公立病院では30万円から40万円、民間病院では50万円といったところです。ですが、正職員ではないので、福利厚生はなく、バイト禁止の病院も少なくありませんので、金銭的に苦しさがあります。

後期研修医は、基本的に各科に所属することができます。公立病院で年収700万円から1000万円ぐらいになります。医療機関によっては、正職員になることもできます。賞与も支給され、社会保険や厚生年金に加入することもできます。以上はほんの1例ですので、すべてに当てはまるわけではありません。

年収1000万円というのは、一般的には高額といえるでしょう。ですが、毎週60時間以上の勤務は当たり前。年中無休で睡眠時間を確保するのがやっと、ということを考えると、必ずしも高額収入とは言えないかもしれません。むしろ、一般的な公務員や大企業のサラリーマンの方が給料が高いと申しても過言ではありません。

また、入院患者を抱えている医療機関で働いていると、休暇の時に遠出はできません。救急外来などから呼び出されることも通常です。医師として働いている以上、医療ミスなどで、訴訟リスクも抱えなければなりません。以上の理由で、後期研修医のバイトがいくら高額だとしても、それにみあった金額であるかどうかは、断言できないのが現状です。

<後期研修医の関連情報>
・後期研修医の履歴書の書き方
・後期研修医の志望動機はどうする?
・後期研修医に人気の病院は?

人気の医師バイト求人エージェントはコレ!

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



医師バイトドットコム

医師バイトドットコムの詳細説明



MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



バイト求人サイト

医師バイトの基礎情報

診療科別の医師バイト

地域別の医師バイト

このサイトについて