医師のバイトの確定申告!

医師のバイトの確定申告について

→医師求人サイトランキングを見る!

多くの医師がバイトを経験しています。研修医の時に生活費の一部を得るためにバイトをする、将来開業医になることを見込んで資金を稼ぐためにバイトをする、などいろいろな事情で働いていると思われます。常勤で働いている医療機関のほかにバイトとして勤務している病院があれば、この収入も合算して確定申告しなくてはなりません。この作業を忘れたり、怠ったりしますと、後に延滞税あるいは加算税などとして追徴されてしまいます。そうすると、本来よりも多く税金を支払うはめになります。これが「追徴課税」といわれているものです。

確定申告の際に注意しなければならないのは、医師バイトとして勤務している医療機関から支払われているお金が「給与」なのか「謝礼金」かによって、確定申告の時に保管した領収書を経費として認められるかどうかが違ってきます。給与の場合は不可能ですが、謝礼金の場合には、文房具や交通費は経費として計上することができます。確定申告の時に備えて、必ず領収書を保管しておく習慣をつけておきましょう。「謝礼金」は「報酬」と呼ばれることもあります。

確定申告を自分で行うのは、面倒でわずらわしいものです。忙しい仕事の合間に確定申告の期限が過ぎてしまったということもありえます。確定申告をしなかった時でも、住民票のある市町村に収入に関する情報が行くようになっています。そのため、いずれにしても、課税対象となります。バイト収入について税務署から追及されることは、避けたいものです。

中には、いい加減な医療機関があります。源泉徴収も行わない。源泉徴収票の発行もないので、自分で確定申告するように、というところもありますが、これは違法であると覚えておきたいです。

医師バイトは高収入ですので、収入をごまかすことは無理であることも理解しておきたいところです。ただ、あまりにも忙しくて、確定申告をしている時間もないという場合には、会計事務所などで代行を依頼するのも、便利かもしれません。

医師バイトの時給は、1万円前後が相場です。一般の会社員の感覚からすれば、1万円は日給と勘違いしてしまいそうですが、医師バイトの世界では、時給1万円が一般的です。時給ではなく「回単位」で支払いを行う医療機関もあります。例えば、当直などでは、19時から翌7時までの勤務で3万円、9時から18時の勤務で10万円などの収入になりますので、高額な収入と思われがちですが、税金が高額ですので、手取り金額は低くなる傾向にあります。いずれにしても、税金については知識を持っていたいものです。

人気の医師バイト求人エージェントはコレ!

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



医師バイトドットコム

医師バイトドットコムの詳細説明



MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



バイト求人サイト

医師バイトの基礎情報

診療科別の医師バイト

地域別の医師バイト

このサイトについて