医師のバイト源泉徴収について!

医師バイトの源泉所得税!

→医師求人サイトランキングを見る!

源泉所得税は、常勤医師だけが支払うものではなく、医師が本業以外の医療機関で医師バイトとして働いた場合でも発生します。この給料は一般的には「給与」とされています。給与である以上、支払われる時に源泉所得税が差し引かれます。通常、支払金額から数%が事前に差し引かれるという形で、源泉徴収が行われています。

差し引かれた税金は確定申告を行うことにより、支払い過ぎた税金が戻ってくることがあります。逆に不足している時には、税金を支払わなければなりません。給与は源泉徴収税額表、賞与は少量に対する源泉徴収税額の算出率の表を使用して求めます。源泉所得税として差し引かれる割合は決まっているのですが、支払額の10%、あるいは3%というように事業所によってばらつきがあります。

確定申告の時期になると、医師バイトをしている人たちは、困惑を覚えるかもしれません。確定申告をすること自体、面倒ですし、給与の10%程度が差し引かれているならば、税金が戻ってくることがあります。ところが、差し引かれた税金が少なかったときには、一度に多額の税金を支払う義務が出てきます。この場合、損をしたような気分になってしまいます。

所得税は一般的に、高額所得者になるほど税額も高くなる仕組みになっています。節税ということを考える人もいますが、これは止めたほうがよいでしょう。源泉所得でについては、国税庁のホームページを見ると、詳しく掲載されています。

医師は常勤をしながら別の病院でバイトとして働いている人もかなり大勢います。このような場合、すべての病院で支払われた給与が税金の対象になりますので、しっかり申告をしなければなりません。源泉所得税があることを知らなかった、あるいは、忘れていた、ということでは後で大きな代償となってきますし、医師として不名誉になりかねません。

医師バイトの収入は、だいたい40%前後が税金として消えてしまうと言われています。医師バイトの時給の相場はだいたい1万円で、1日働けば8万円にもなりますが、40%引かれれば、手元に残るのはわずか4万円ということになります。医師は収入が多い反面、税額も多く、高額な税金を納めているのが実態です。税金のことに関しては、給料を支払う病院側も医師も責任を持って、ある程度税金の知識を調べて、トラブルが発生しないように努めましょう。

人気の医師バイト求人エージェントはコレ!

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



医師バイトドットコム

医師バイトドットコムの詳細説明



MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



バイト求人サイト

医師バイトの基礎情報

診療科別の医師バイト

地域別の医師バイト

このサイトについて