医師のバイト関連の情報をご紹介!

麻酔科の医師バイト求人情報を探す!

→医師求人サイトランキングを見る!

麻酔科医はご存じの通り、全国的に不足しています。不足しているからこそアルバイトの口も多いです。一時のバブル時と比べれば報酬はかなり落ち着きましたが、平均してアルバイト代も高めです。もちろん麻酔科のアルバイトは、即戦力が求められます。外科医と違って手術中に相談をする相手もおらず、出血しようが血圧が無くなろうが一人で判断しなければいけません。そうしたリスクを背負い込む覚悟と実力があるのなら、アルバイトだけで生活を立てるフリーランスの道も見えてきます。

■麻酔科のアルバイトで生計を立てるつもりなら、民間のアルバイト紹介会社にも登録をしよう
フリーランスの麻酔科医を目指す方はもちろんですが、家庭を持ちながら上手に麻酔科のアルバイトをこなしたいと思っていらっしゃる女医の皆さんにも、ご提案がございます。麻酔科のアルバイトで生計を立てようと考えていらっしゃるなら、民間のアルバイト紹介所を利用してみてはいかがですか?

その理由は大きく分けて2つあり、
1、フリーになる場合は営業先が豊富に確保できる
2、医局の麻酔科アルバイトはポストが減少している
以上の理由があるからです。非常に大切なポイントなので、少し詳しく説明させてください。

1、フリーになる場合は営業先が豊富に確保できる
仮に将来フリーの麻酔科になろうとされているなら、できるだけ顔を広くしておいた方がいいです。報酬などは各病院などによって大きく違うので、大学の医局を超えたさまざまな病院に顔を売り込んでおいた方が得策かもしれません。

やり方によっては、アルバイトだけで年収3千万円ほどのお金になるケースも多いです。そのためにも条件のいいアルバイト先を、今から民間のアルバイト紹介所を利用して探しておくといいかもしれません。

2、医局の麻酔科アルバイトはポストが減少している
現在は内科や外科よりも、眼科や麻酔科に学生、研修生の人気が集まっています。また、家庭との両立を意識して、麻酔科でアルバイトをする女性の先生も多くいらっしゃいます。大学の用意する麻酔科のアルバイト枠に応募者が集まり、倍率がどんどん高くなっています。大学の紹介だけでは皆に求人が行き渡らない可能性が出てきています。

麻酔科は症例数が自分の価値にもつながります。アルバイトの機会を全て利用して自分磨きをできれば最高です。大学の紹介してくれる求人が埋まってしまった場合は、民間のアルバイト紹介所を役立てください。

■アルバイト紹介所は、登録も利用も無料
ご存じかもしれませんが、民間のアルバイト紹介所は登録も利用も完全に無料です。個人情報もきちんと管理してくれもらえますし、先生の細かな希望もしっかりと受け止めてくれます。利用価値は高いので、大学と民間の紹介所、二本立てでアルバイトの供給先を確保するといいかもしれません。

人気の医師バイト求人エージェントはコレ!

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



医師バイトドットコム

医師バイトドットコムの詳細説明



MCドクターズネット

MCドクターズネットの詳細説明



バイト求人サイト

医師バイトの基礎情報

診療科別の医師バイト

地域別の医師バイト

このサイトについて